サイトメニュー

施術の基礎知識

注射を打つ人

悩みの解決方法や費用

ボトックス注射は、1980年代あたりに外国で広まりましたが日本で本格的に広まったのは2000年以降と言えるでしょう。当時は美容整形もそれほど一般の人には浸透していませんでした。ですが、2010年以降になると次第に一般人も美容整形が浸透してきたといえます。これは、比較的気軽に施術をすることができるだけでなく効果が出やすいからでしょう。ボトックス注射を打つ場面では、たいていその人に悩みがあることが多いです。例えば、女性ならば顔が大きいことをコンプレックスに感じている人がいるかもしれません。ボトックス注射を打つ場合エラの筋肉の部分に浸透させれば、エラの部分を小さくさせる効果があるため、結果的に小顔にすることができます。もちろん顔の骨格は変わりませんので、骨を縮小させることはできないものの、筋肉により顔が大きく見えている場合には有効な手段の一つです。これにより、悩みが一つ解決することになるでしょう。顔は、歳をとるとともに皺が出てくる傾向があります。通常のしわの場合には、ヒアルロン酸を注入すればよいですが、眉間にできる皺はボトックスを注入した方がよいでしょう。なぜかといえば、眉間の皺自体は筋肉がこわばることによって発生するからです。これを防ぐには、筋肉を弱める働きのあるボツリヌス菌を注入するのが基本になります。それ以外には、歯ぎしりの悩みもこの注射で解決することが可能です。歯ぎしりは、様々な原因が考えられるものの、あごの筋肉が発達している場合に起こりやすい傾向があります。そこで、あごの筋肉の働きを弱めることで歯ぎしりの悩みを解決することは可能です。

ボトックス注射の効果があるといっても、あまりにも金額が高ければ意味がありません。ですがありがたいことに、ボトックス注射の効果の割にはあまりお金がかからないのが特徴になります。一本の注射当たりおよそ\5000から\8000程度の相場になっているため、美容整形の中では比較的安く結果を出せる部類の一つと言えるでしょう。ただ、一本だけ注射をして結果が出ることはあまりありません。例えば、あごのエラの部分を縮小する場合には三本から4本の注射を打つのが基本になります。そのため、合計で\25000ぐらいかかることも少なくないでしょう。たとえそうだとしても、ほかの美容整形に比べるとはるかに安いのが特徴です。ボトックス注射の効果の方ですが、半永久的に持続するわけではありません。基本的にボツリヌス菌の働きは半年程度で終わりますので半年を過ぎたあたりから少しずつ筋肉が元通りに戻ってくる可能性があります。ただ半年後にもう一度注射を打ち直すとしてもやすい施術と言えます。ちなみに、2回目から3回目の手術では、効果の持続時間が長くなる傾向があるでしょう。ボトックス注射は、比較的短時間にできるだけでなく痛みがほとんど伴わないことから、多くの人からよい評判が聞こえてきます。時間は、10分から15分たらず終わらせることができるため、会社帰りにふらりと美容整形外科に寄って、施術を受けることが可能になっています。しかも、ダウンタイムが短いのが特徴になります。そのため、翌日から普通に会社に出勤をしたり学校に行くことができるでしょう。